プレスリリース

新しい郊外型ワークプレイス「 hitoride 」、東京都立川市にて第1号オフィスをスタート

 

 あなぶき興産は、ウィズ/アフターコロナ時代のニューノーマル(新常態)に対応し、個室を中心とした郊外型ワークプレイスサービス事業「 hitoride(ヒトリデ)」を開始します。 第1号オフィスは、東京都立川市にて提供します。

■「 hitoride(ヒトリデ)」とは
 あなぶき興産が新たに提供する、都市圏での在宅ワーク・テレワークでの課題や、カフェ等での現状の課題を解決する「シェアオフィス」サービスです。

 今般、新型コロナウイルス感染症の影響により、企業のオフィス機能分散、オフィス解約や在宅勤務、テレワーク導入が進んでいます。一方で、在宅勤務や自宅でのテレワークでは「仕事をするスペースが無い」「小さな子供が居ると難しい」「仕事とプライベートの切り替えが難しい」などの意見も多く、自宅近くのカフェなどで仕事をされている方も多く見られます。また、リモートワークの急拡大と同時にリモート会議が増えていますが、カフェやコワーキングスペース等では「マナーとして問題を感じる」「発言がしにくい」「集中して仕事ができない」等の課題も顕在化してきています。

 このような課題を解決するのが、あなぶき興産の「 hitoride(ヒトリデ)」です。
個室を中心とした当施設は、新しい働き方の選択肢として誕生いたします。


  「 hitoride(ヒトリデ)」:https://hitoride.work

 < " hitoride " の特徴 >
 
・通勤時間を軽減する東京23区郊外の主要駅から徒歩10分圏内の好ロケーション
 ・仕事に集中でき、オンラインミーティングも可能な「個室」中心レイアウト
 ・十分なスペースのワークデスク・チェアを完備
 ・いつでも気軽に利用できる「テーブル席」も充実
 ・サーモグラフィーによる入室時検温の実施、全デスク・スペース抗菌コート実施
 ・気になる会話漏れを防ぐ「サウンドマスキング」を導入
 ・契約手続きはオンラインでの完全非対面、利用時間は短時間15分から
 ・従量課金制の法人契約あり、個室の月額定額契約も可能
 ・法人契約様向け機能の提供(利用・勤怠データ提供、管理画面での在席確認)​


 


■『 hitoride 立川 』 : 2020年11月オープン予定
 JR3路線とモノレールの乗り入れる立川駅は16万人の乗客数を数え、多摩地区最大級のターミナル駅であり、当駅からペデストリアンデッキで連結するオフィスビル4階をシェアオフィスに改装するプロジェクト(立川駅北口徒歩3分)。

 新型コロナウィルス感染症の影響により、企業のオフィス機能分散や在宅勤務、テレワーク導入が進む中、個室を中心とした当施設は、新しい働き方の選択肢として誕生いたします。
 

 OUTLINE

 施 設 名:hitoride立川
 開 業 日:2020年11月16日(予定)
 U R L:https://hitoride.work

 所 在 地:東京都立川市曙町2-4-3
       TISビル4F
 交  通:JR立川駅 北口徒歩3分
 用  途:シェアオフィス
 事業主(運営):穴吹興産株式会社
 設  計:アルファデザインスタジオ㈱
 建築施工:㈱ツツミワークス
 家具工事:㈱オリバー
 アートワーク:㈲アーバンハウス
  

 DESCRIPTION

 規模:420.4㎡(127.18坪)
 席数・料金(予定):
 ・サテライトオフィス1室
 ・月極個室9室(70,000円/月)
 ・個室18室(250円/15分)
 ・ブース席16席(200円/15分)
 ・カウンター席9席(200円/15分)
 ・テーブル席13席(200円/15分)
 ・ミーティングルーム2室
       (375円・500円/15分)
 ・貸しロッカー20個(2,000円/月)