プレスリリース

百十四銀行の引受による『CSR私募債(百十四地域アシスト債)』の発行によって高松一高へ備品の寄贈を行いました

 

 あなぶき興産は、株式会社百十四銀行の引受による私募債『CSR私募債(百十四地域アシスト債)』※を発行し、当私募債の発行手数料の一部によって、高松第一高等学校へ備品の寄贈を行いました。また、当私募債が、『CSR私募債(百十四地域アシスト債)』の第1号案件となります。
CSR私募債(百十四地域アシスト債)・・・発行企業が希望・指定する学校や地方公共団体へ、発行手数料の一部を使って備品等を寄贈する私募債

 寄贈する備品は、体育館で使用する大型スクリーン及びプロジェクター(約100万円相当)とし、本日、高松第一高等学校 ムジカホールにて、高松市教育委員会 教育長 藤本泰雄様、高松第一高等学校 校長 中條敏雄様、百十四銀行 執行役員本店営業部長 石川徳尚様、及び当社専務取締役 冨岡徹也の出席のもと、寄贈式を執り行いました。

 当社は、これまで、未来を担う青少年の育成を支援するプロジェクト "あなぶキッズプロジェクト" 等を実施してきておりますが、今後も様々な機会で、地域社会の青少年の成長の支援を行ってまいります。