Discussion

若手社員を知る

Special Contents

若手座談会

不動産という仕事に対する想いや
あなぶき不動産流通の魅力、
そしてこれからについて。
若手社員が集結し
本音をとことんぶつけ合いました。

Member

Takahashi Moyu

髙橋 萌Takahashi Moyu

2019年入社/文学部卒
宅地建物取引士(入社1年目に取得)

2019年
あなぶき不動産流通入社
1年目~
現在 高松店に在籍中
Okabayashi Kanako

岡林 香菜子Okabayashi Kanako

2019年入社/文化学部卒
宅地建物取引士(入社1年目に取得)

2019年
あなぶき不動産流通入社
1年目~
現在 高知店に在籍中
Taki Kouma

瀧 康真Taki Kouma

2015年入社/商学部卒
宅地建物取引士(入社3年目に取得)

2015年
あなぶき興産入社
1~3年目
(出向)あなぶき不動産流通 松山店
4年目~
あなぶき不動産流通 転籍
高松店に在籍中
Nishimura Toshiya

西村 敏也Nishimura Toshiya

2017年入社/法学部卒
宅地建物取引士(入社3年目に取得)

2017年
あなぶき不動産流通入社
1年目~
現在 高松店に在籍中
Ishitani Takuya

石谷 拓哉Ishitani Takuya

2017年入社/法学部卒
宅地建物取引士(大学3年時に取得)

2017年
あなぶき不動産流通入社
1年目~
現在 高知店に在籍中
Q 1:
なぜ、この業界を選んだのか。なぜ、この会社に入社したのか。
就活時を思い出しながら、ざっくばらんにお話しください。
西 村 :
スケールの大きなものを扱う、責任のある仕事をしたいと思っていたので不動産業界を選びました。その中であなぶき不動産流通を選んだのは『売買専門』だったから。それに他の会社は分業制でやっているところがほとんどだけど、当社はお客様との最初の面談から取引の完了まで一人で担当するから、一連の流れを若いうちからすべて経験できると考えました。だから迷わず入社を決めました。
岡 林 :
なぜ「スケールの大きさ」にこだわったんですか?
西 村 :
とことん大きい方がやりがいがありそうでしょ。不動産売買という、「人の人生を左右するほどの事柄に携わりたい」と。65歳まで働くとして約40年、不動産業界に専念して多くの経験を積めば、仕事が成長の糧となり、自分が将来の姿として描いている人材に近づくのではないか、という思いもありました。
石 谷 :
僕は実家が不動産業を営んでいたこともあり、大学3年から急に猛勉強して、宅建の資格を取得したんです。それまではフラフラしてたのに。そして就職先として不動産会社の企業研究をしている時、先輩から紹介されたのがあなぶき不動産流通でした。
あなぶき不動産流通は面接担当の方の印象がとてもよく、「選考通過したらぜひうちに来てほしい」という言葉をもらえたのが嬉しく、迷わず決めました。
瀧 :
僕はとくに希望する業種はなかったけど、職種は営業に絞っていました。人見知りで、初対面の人と話すのは苦手なんだけど、それを克服しないと次のステップには進めない。だったら、一番向いてなさそうな営業職に挑戦してみよう。そして、どうせなら扱う金額の大きい不動産業界にチャレンジしたいと。でも不動産業といっても幅が広く、自分に合った企業を探すのは大変。あなぶきグループは幅広く取り組んでいて若い社員の方が活き活きと働いている姿を見てここに決めました。
No.01
岡 林 :
仕事を始めて、「自分は営業に向いている」と思えるようになりましたか?
瀧 :
いやー思わないね。接客の苦手意識は消えたけど、向いているわけじゃない。でもこの仕事をしていると、お客様の人生の深い話に触れることが多く、大学生の頃に思っていた「自分から沢山話をする人が営業が得意」という考えは完全に変わった。お客様との出会いとお客様の人生に触れることが、自分を成長させてくれる。そこに楽しみを感じます。
高 橋 :
私は就活の当初、保険業界に興味があったのですが、「保険」という目に見えない商品を扱うことがどうもピンとこなくて。どうせなら形のある商品を扱いたいと考えた時、浮かんだのが不動産業界でした。不動産業界なら人の人生に深く関われるし、土地や建物という具体的な商品がある。そこで不動産業界に応募しました。
あなぶき不動産流通の採用面接では、社長から「この仕事はとても難しい」とくぎを刺されもしましたが、それはどんな仕事でも同じ。むしろ、ネガティブなことまで隠さず話してくれる誠実な姿勢にひかれ、あなぶき不動産流通への入社を決意しました。
岡 林 :
私は大学4年間、高知で地域活性化の活動にかかわっていました。地域に根ざす文化や伝統を掘り起こし、それを商品として売り出すんです。その目的は、地元に暮らす住民のみなさんがその地域の文化を活かし、その地域で活き活きと過ごすために何が必要なのか、追求することでした。一方、あなぶき不動産流通は、不動産売買、中古再生事業を通じて「過ごす(住まい)」という観点から地域の人々に関わります。学生時代とはまた違った視点から地域の暮らしを学ぶことができそうだと思い、入社しました。
Q 2:
それぞれの想いをもってこの会社に入社して、
印象に残っている経験談や仕事の魅力、
やりがいを教えてください。
石 谷 :
新人のころ、契約がまとまって引き渡し日を設定しようとしたんですが、買主様は期間を空けてゆっくりと引き渡しを受けたい、というご要望があり、一方で売主様は一刻も早く引き渡したいと。日程の調整がつかない中、間に立つ僕が売主様の気持ちをないがしろにした部分があり、気分を害されてしまったんです。
正直、僕は当初、日程についてはそんなに重大とは考えていなかったんです。でも、お客様にとっては大切だった。お客様が大切にしているものには、仲介業者の僕も同じ視点で寄り添わないとこの仕事はできないと学びました。
瀧 :
僕も以前に比べると、お客様の立場で物事を考えられるようになってきたと感じます。売主様には「できるだけ高く売りたい」という人もいれば、「早く売って、新しいスタートが切りたい」と考えている人もいます。お客様の本当の要望を捉え、お客様にとって最善の方法を提案することで、僕という人間を信頼してもらえる。「信頼される」ということは奥が深いことですが、それがこの仕事の一番の魅力です。
西 村 :
瀧さんは相手の話をトコトン聞くタイプだから、お客様からすると話しやすいのかもしれませんね。
瀧 :
実は転機になった出来事があって。以前、土地面積が300坪の広い敷地の一戸建ての社有物件を担当したことがあるんです。建物自体は魅力的なんだけど、敷地が広すぎて維持管理が大変だった。そのうち芝は枯れるし、樹木からの落葉で敷地が覆われてしまうなど、大きな庭を持ったことがない僕には想定外のことでした。リフォームが完了し、いざ販売を開始すると、担当者としては「本当に売れるんだろうか」と毎日不安で。その時が、初めて「売主様の不安な気持ち」を身をもって感じた瞬間でした。あれは転機になる経験でしたね。
西 村 :
僕も忘れられない経験があります。所有地の売却を考えているお客様がいらっしゃって、入社1年目の僕が担当として5~6回打ち合わせを重ね、ようやく売却を任せて頂けました。ところが、買主様も見つかっていざ契約という段階で、急遽「やっぱり売らない」と。それまで何度も面談して信頼関係も築けたと思っていただけに、本当にショックでした。
同時に、自分の甘さに気付きました。振り返るとお客様が抱える不安に真摯に向き合えていなかった。それ以来、常にお客様の不安を一緒に考え、わかりやすい言葉で提案するようになりました。あの大きな失敗を経て自分は成長することができたと感じています。
岡 林 :
私は、不動産仲介の仕事を通じて社会や、地域の人、高知という土地について知ることができる点に、一番の面白みを感じます。例えば、不動産の地歴や所有者の情報が載っている登記簿を見れば、その土地で昔どんなことがあったのか、いろいろな想像が沸いてきます。学生のころから調査や研究が好きだったせいもあるかもしれませんが、想像と現実を照らし合わせることにも楽しみを感じています。
高 橋 :
私が印象に残っているのは、入社1年目に先輩と一緒に担当した物件です。そのお客様は売却を考えていらっしゃる方で、査定のために現地に出向きました。話を伺うと、お子様は独立して近くに住んでいるけど、ここには帰ってこないと言っている。だから処分したいと。さらに会話を進めるうちに、お客様は売却を決心されたものの、お客様の少し寂しそうな様子を見て、本当はお子様が戻ってきて、一緒に住むのが一番いいのではないか、と先輩は感じたようでした。
その後、先輩はお客様に査定額を伝えると同時に「“売却しない”という選択肢もありますよ」とお伝えしたんです。結果、お客様は売却依頼を取り下げられました。あの時は人の人生に関わる難しさと、魅力を感じました。
石 谷 :
「売らない」という選択肢を提案した先輩はすごいね。売るだけが僕らの仕事じゃない。お客様に幸せになってもらうことが役目、という決意があったと思う。
No.02
Q 3:
不動産のプロフェッショナルとは何だと思いますか?
また、宅建等の資格を持っていてよかったなと
思う瞬間はありますか?
石 谷 :
高橋さんは入社1年目で、宅建を取ったよね。
高 橋 :
でも、試験対策はそれほど難しくないと思うんです。これから仕事に活かせるようになって初めて、宅建をとった意味が出てくると思っています。
岡 林 :
資格取得前は重要事項説明などの業務は先輩や上司にお願いしていたけど、今は一人でもできる。責任は重くなったけど、その分主体的に物事を考えるようになったと思います。
西 村 :
僕は入社3年目に宅建資格を取りました。資格を取ったことで資格手当が支給されるし、何より自分で契約業務ができるようになり、責任の重さを感じると同時に仕事のやりがいにつながっていますね。
瀧 :
宅建資格は不動産売買に携わる際に絶対必要なもの。とくに、あなぶき不動産流通はお客様を一人の営業が一貫して担当するので、資格がないと仕事にならない。でも資格を持っているからといって、必ずしも「プロ」ではないよね。
西 村 :
僕が考える「不動産のプロ」は、お客様が気付いていない物件のメリット・デメリット、お客様にとってのメリット・デメリットを把握して、それを売主様、買主様の双方に理解して頂き、双方納得のうえで契約に導くことかな。デメリットを伝えるのは難しいですよね。それによって契約に進まないかもしれない…と思うと。でも、それができているか否かがプロとしての分かれ目だと思います。
石 谷 :
僕はまだ自分が「プロ」という認識には至ってません。
西 村 :
でも、お客様から「プロとしてどう思う?」と聞かれることは多いでしょう?
石 谷 :
聞かれますね。「石谷さんはプロだから任せる」とおっしゃっていただいたこともあります。難しい案件だと、その言葉がプレッシャーだったりもします。先手を打って不安を取り除き、両者に納得してもらったうえで決断を頂くのが「プロ」かな。自他ともに認められるプロになるためには、時間がかかりますが、毎日毎日今の自分を本当のプロに近づけたいと思います!
No.03
Q 4:
若手ならではの視点で、自分たちが、
これからの会社をこんな風にしていきたい。
と考えていることがあれば教えてください。
西 村 :
僕は今まで以上に多くの法人案件を手掛ける会社にしていきたい。これまで会社が蓄積してきたノウハウを活かして、法人のお客様に対しても提供できる仕事がまだまだあるんじゃないかと。人口の減少が進むことを考えても、仕事の幅を広げていかないと生き残っていけないのでは、という危機感があります。
瀧 :
僕は、人材かな。活躍する若手が増えて社内を盛り上げていけば、中堅以上の社員にも良い刺激になる。それによって組織が活性化すれば、今以上に強固な体制ができると思います。
自分個人の仕事について言えば、単に住宅を住宅として売却するのではなく、場所によってはカフェなどの商業施設に変えるという方法もある。それによって街並みが変わって、人が集まって…という仕事にも取り組みたい。
西 村 :
いわゆる「コンバージョン」ですね。空き家問題の解決につながったりという事例もありますよね。
石 谷 :
僕はお客様の要望を先取りした仲介サービスを提供し続ける会社にしたい。
1年前より、ハウスクリーニングサービスを全社で始めましたが、高知店では以前から独自にやっていたんです。お客様からとても好評だし、このサービスを全社で導入できたのは大きな前進だと思います。
それから瀧さんと同様に、人材育成についても考えていきたい。さっき、お客様が大事にしているものを仲介業者である僕らも大切にしていかないと…という話をしたけど、同僚に対しても同じように接していきたい。そして、今以上に一人ひとりの考え方やライフスタイルを尊重して、のびのびと働ける職場にしたいと思っています。
岡 林 :
私が所属している高知店は自分のペースで仕事ができるから、「変えたい」と思うことはありません。ただ一つだけ言うなら、「女性だから」と気を使って頂かなくてもいいですよ、ということかな。
瀧 :
確かに仕事においては男女は関係ないね。世の中もそういう考え方が当たり前にならないとね。
高 橋 :
私も不満は特にありません。上司や先輩は私がどんな些細な質問をしても、嫌な顔一つせず、仕事の手を止めて丁寧に教えてくれます。本当にありがたい環境です。
西 村 :
この会社って、「経験の密度」が濃いと思うんです。ひとりのお客様を一貫して担当するので、トラブルがあっても他人のせいにはできない。その分一つの経験から学び取れることが格段に多いんですよ。この会社で2年かかって経験したことを他社で得るには、倍以上はかかるんじゃないかな。
瀧 :
それが強みになっているのかな。だから提案の精度が高い。お客様に対して行き届いた提案ができていると思う。
石 谷 :
質の高いサービスが提供できるだけの土壌はあるんで、これを若手でしっかり育み、さらに広げていきたいですね。
一 同 :
こういった座談会という機会ではあったけど、同世代の色々な意見が聞けて良かったです。「こうなりたいな。」ではなく「こうなる!」という強い気持ちでお互い各拠点に戻っても頑張っていきましょうね!
No.04