Position

あなぶき不動産流通を知る

多岐にわたる事業を展開するあなぶきグループ。
その中であなぶき不動産流通が担っている使命を知る。

What’s Real Estate Information Network

不動産の流通とは?

流通させるのは、「人の物語です

どれだけ素晴らしい物件があったとしても、その建物を必要とする人たちに活用されなければ意味がありません。そこで必要になってくるのが「不動産を買う」「物件を売る」といった不動産を流通させる活動です。売却側と購入側で契約が成立した場合に得られる仲介手数料で収益を上げるビジネスで、不動産仲介とも言います。不動産流通マーケットの未来は、今後ますます活性化が見込めます。近年、ライフスタイルや価値観の多様化が進み、住まいは“一生に一度の大きな買い物”という時代から、“自分の希望に合わせて住みかえる“という時代に変化しつつあります。また、国が2012年に発表した「中古住宅リフォームトータルプラン」以降、住宅リフォーム市場は毎年6兆円を超える規模で推移しています。言い換えるなら、今は、既存の不動産に新たな価値を見出す時代であるということ。その分、私たちのビジネスは、実りある未来が期待できるのです。

経営理念ビジョン

Phylosophy

あなぶき不動産流通は、
不動産の流通・再生を通じて
限られた資源の
有効活用を推進し、
人に優しく、
活力ある地域社会の実現に
貢献します。

Vision

全てのものに
それぞれの価値があるように、土地や建物にも
固有の価値があります。
私たちは、その固有の価値を
発見・創造することで
地域に必要とされる企業で
ありたいと思います。

近藤 敬治

Keiji Kondo

穴吹不動産流通株式会社
代表取締役社長

不動産仲介という仕事に向き合っていると、お客様は常にご自身のプライバシーに関する悩みや望みを相談してこられることに気づきます。親子関係、相続問題、会社の経営状態、個人の預金額にいたるまで、本来他者には明かしたくないことを包み隠さずに相談をしてこられるのです。その分、私たちが持つ責任は甚大。しかしながら、人の役に立つ仕事ができたと実感できた時、あるいはお客様に心底喜んでいただけた際の達成感等は何物にも代えがたいものがあります。人は、本来自分の為に働いています。不動産仲介という仕事は、自己の為に働いた結果、お客様から評価していただける。お客様の笑顔に向き合える。そんな仕事です。その評価、お客様の笑顔が、私たちの存在価値であり、遣り甲斐です。

「不動産流通業」の経営資源は、土地建物だけでは決してありません。当社の財産は、社員そのもの。ブランドは、人の心の中に醸成されていくものであり、お客様と直接向き合っている社員たちこそブランドだと考えているからです。『あなぶき不動産流通ブランド』をよりいっそう浸透させていくために、お客様に『人』で評価していただくことを私たちは大切にしたい。特に「自ら考え、自ら行動に移せる人材」を育てることが大切です。いくらOJTや研修を充実させたとしても、言われたことだけをやっているだけでは、人は自ら考えようとはしなくなります。そのため、私たちが力を注いでいるのが、価値観の共有です。「やるべきことを強制する」のではなく、「なぜやるべきなのか?を考えてもらえる」ように、会社の方向性や行動する上で拠り所となる考え方を伝えるのです。共感できる考え方があるからこそ、社員全員が強い信頼関係で結ばれる。その時、真の意味で「あなぶき不動産流通」が地域社会に必要とされる会社になるのだと信じています。

穴吹 忠嗣

Tadatsugu Anabuki

あなぶきグループ代表

多岐にわたる事業を展開するあなぶきグループですが、少子高齢化や人口減少社会の中、従来どおりのやり方で事業を運営していくのには、基本的には逆風の環境と言えるでしょう。しかし、それはあくまでもこれまでの延長線上で事業を捉えた場合です。これからは過去からの延長で事業を考えるのではなく、これまでに築いてきたお客さまや取引先さまとの実績や良好な関係作りを基盤として、我々が日々成長を続け新しい社会的ニーズを発掘し、新しい事業を生み出すことが重要であると考えています。我々は、これまでの50年間変化し続けることにより事業を育ててきました。これからも常に形を変えながら、あなぶきグループは成長を続けていきます。

特にグループの中核事業である不動産業においては「お客さまの生涯価値の向上を提供できる不動産価値創造企業となる」ことを目指しております。これを実現するためには、不動産事業のプロフェッショナルと呼べるような人材を多く輩出することが不可欠です。そして、その人材を育成する上で欠かせない、不動産事業の基礎となる経験と知識を効果的に積むことができるのが、「あなぶき不動産流通」が行っている“不動産仲介事業”と私は考えています。一つ一つの物件調査を行うことで不動産に関する専門的知識を取得し、また「売主」と「買主」を結び付ける仕事を通じて不動産マーケットの動向を肌で感じることで、不動産業のプロフェッショナルが育ちます。そして、その経験を礎に将来は社会的な問題解決、提案、新規事業を創り上げていけるような人材を育成していきたいと考えています。

難しい仕事ではありますが、ぜひ、あなぶき不動産流通で経験を重ね、あなぶきグループの未来を担う人材へと成長していただけることを期待しています。