女性活躍推進に関する取り組み

行動計画

社員が仕事と家庭生活を両立させ、働きやすい環境を作ることによって、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにする。
また、ダイバーシティへの取り組みとして、多様な人財が個性を活かし活躍できる企業を目指し、次のように行動計画を策定する。

計画期間

平成28年7月1日~平成33年6月30日までの5年間

目標1

社員の仕事と育児や介護の両立に対するニーズが高まることが予測されるため、社員に対し、産前産後休業や育児(介護)休業、育児休業給付、育休中の社会保険料免除など諸制度を広く周知することにより、仕事と子育てや介護の両立について、職場が支援する姿勢を明らかにする。

(取組内容)

■平成28年 7月~ 職群制度を設け、就業区分(地域)を選択可能とする。
          社内イントラを活用し、社員へ各規程の周知を行う。

■平成29年 5月~ 制度内の就業区分状況を把握する。

■平成29年 6月~ 翌期の就業区分変更希望者の受付を開始する。
          育児・出産・介護を必要とする社員にヒアリングを行い、関連規程の見直し、必要があれば改定等を検討する。

目標2

管理職に占める女性割合を10%以上にする。女性管理職のロールモデルの育成を行う。

(取組内容)

■平成28年11月~ 男女の配置で偏りがある部署の洗い出しを実施する。

■平成29年 4月~ 女性の配属数が少ない部署への女性の配属を検討する。
          業務内容と照らし、各部署ヒアリングを行う。

■平成29年 7月~ ジョブローテーション制度を利用し、期間の限定的な配属を行う。

■平成30年 6月~ 上記、制度利用者及び受入部署へのヒアリングを実施する。
          運用上のバックアップが必要な場合は検討を行う。

■平成30年 6月~ 併せてプレ管理職対象者への研修を実施する。




2016年7月1日
穴吹興産株式会社