ディスクロージャー・ポリシー

宣言

穴吹興産株式会社は、金融商品取引法の関係法令および上場証券取引所規則に則り、タイムリーかつ一貫した信頼のおける会社情報を投資家、株主、証券アナリストなどの資本市場参加者に開示し、また、すべての市場参加者が平等に当社の開示情報を入手できるよう努めております。

Ⅰ. 社内体制

1. 情報開示担当者

当社の情報開示担当者を次のメンバーと定め、会社情報の開示は原則としてこれらの情報開示担当者が行います。

  • 取締役社長
  • 管理本部長
  • 総務部長及び総務部IR担当者
  • 財務部長及び財務部財務情報開示担当者

2. 市場からのフィードバック

当社のIR担当者は、資本市場の評価、ご意見を各事業部長等に伝え、市場の評価、ご意見を正しく把握できる体制を構築するよう努めます。

3. 子会社及び関係会社へのディスクロージャー・ポリシーの適用

当社は、子会社及び関係会社に対しても本ディスクロージャー・ポリシーがそれらのグループ会社により遵守・履行されるよう徹底します。

Ⅱ. ディスクロージャーに係る基本方針

1. 重要情報とその取扱い

1. 重要情報
当社では以下の会社情報を公表すべき重要情報と位置づけます。

1. 金融商品取引法ならびに当社上場に係る上場証券取引所適時開示規則等により開示が要請される情報。
2. 上記に準じて、投資家の投資判断に大きな影響を与えると当社が判断した情報。

2. 公表
適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の適時開示情報伝達システム(TDnet)にて公開しています。また当社は本ホームページを株主・投資家の皆様に対する重要な情報発信源のひとつと考えております。開示規則に該当しない情報についても、株主・投資家の皆様の理解を助けると判断した情報はできるかぎり積極的に開示してまいります。
但し、本ホームページには当社が開示している情報の全てが掲載されていない場合があります。また、他の方法で開示された情報とは異なった表現をしている場合もあります。従って、当社の開示情報の確認をされたい場合には、当ホームページと共にTDnet等他の情報も合わせて参照をお願いします。

2. 情報の公平な開示

当社はアナリスト、機関投資家、個人投資家、メディアを問わず、情報開示担当者を通じ全ての資本市場参加者に公平に情報開示に努めます。

3. 問合せに対する窓口の一本化

当社は、情報開示担当者以外の役職員が資本市場参加者から情報やコメントを求められたり質問を受けた場合には、自らは回答せず必ず情報開示担当者にその旨を連絡するよう徹底します。また、連絡を受けた情報開示担当者は速やかに対応します。

4. 市場の噂への対応

当社が噂の発信源でないことが明白な限りにおいて、噂に関しては基本的にコメントしないことを方針とします。しかし、噂が資本市場に大きな影響を与えたり、与える可能性が大きいと判断される場合、または証券取引所その他の機関から説明などの対応を求められた場合は、情報取扱責任者がその対応について判断を行います。

5. 将来予測に関する開示

当社は、市場参加者に当社の将来の業績、将来および現在の企業価値について正確な評価をしていただくため、将来予測に関する情報を開示します。当社は決算発表時に業績予想を公表します。同時に、実際の数値は予想数値と乖離する可能性があること、およびその主要なリスク要因を記載した注意事項を添付します。

6. 沈黙期間

決算情報の漏洩防止のため、決算発表日前の4週間を「沈黙期間」とし、この期間は、決算に関連するコメントや質問への一切の回答を控えることとします。

IR情報

カテゴリトップへもどる